診療科目一覧|外来の患者さまへ

理事長 吉田直正

毅峰会吉田病院は、昭和45年(大阪万博の年)5月に当地に前身の吉田外科病院として開設させていただき、平成6年6月に医療法人毅峰会吉田病院となりました。
透析医療センター、訪問看護ステーションや居宅介護支援の在宅サービスを整備し、地域に密着した急性期病院として医療及び福祉の総合的な支援体制に注力してまいりました。
その後、老朽化に伴い平成21年10月に新病院を開設し、24時間救急体制を敷きつつ更なる福祉分野の拡大の為、社会福祉法人毅正会を設立し寝屋川市に介護老人福祉施設を設立しました。また香里園に吉田クリニックをサテライト透析施設として運営しています。
これまで先代の築いた信頼と実績をもとに地域の病院として一層皆さまのお役にたてるよう、職員全員が一丸となってがんばってまいりますので、皆さまのご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。

理事長

院長 吉田和正
院長

病院理念

私たちは、下記の理念に基づき地域に信頼され、地域に必要とされる病院をめざします。

  • 一、心のかよった、真心医療
  • 一、安全・安心で確かな医療
  • 一、地域に密着、地域に貢献

基本方針

  • 『患者 対 医療人』ではなく、『人 対 人』としての
    心のふれあいを大切にした医療をめざします。
  • 安全で安心な質の高い医療を提供できるように努めます。
  • 地域に密着した急性期病院として、
    • 患者さんと近い位置に立ち
    • より患者さんの訴えに耳を傾け
    • より迅速に的確な医療を提供

    できるように日々努力致します。

患者さまの権利と責務

  • 患者さんの医療上の個人情報は守られます。
  • 患者さんの考え・人格を尊重し、公平で良質な医療を受けることができます。
  • 患者さんと医療従事者との療養環境を円滑なものとするために、
    定められた諸規則を遵守する責務があります。
  • 診療にあたり、疾患・検査・治療についての情報を聴くことができ、
    的確な治療を選ぶことができます。
  • 病院にはほかの患者さんもおられます。
    人としての良識に基づいたふるまいを行う責務があります。

病院概要

所在地 〒573-0064
大阪府枚方市北中振3丁目8-14
TEL:072-833-1831(代)
FAX:072-833-1838
管理者 院長 吉田 和正
開設 昭和45年 5月
施設基準 DPC対象病院 一般病棟入院基準 10:1
病床数 58床
診療科目 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、胃腸内科
腎臓内科、外科、麻酔科、血管外科、消化器外科、乳腺外科、肛門外科
肝臓外科、胆のう外科、腹部外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科
リハビリテーション科、放射線科
敷地面積 1959.64m2
延べ床面積 3661.02m2
駐車場台数 32台
医師数 (常勤)9名(非常勤)45名 [平成29年 7月1日現在]
職員数 (常勤)103名(非常勤)43名 [平成29年 7月1日現在]

施設基準

許可 病床数 58床
DPC対象病院
施設基準
  • 一般病棟入院基本料(区分10対1)

    入院患者数40人の場合
    当病棟では、1日に12人以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しております。 なお、時間帯毎の配属は次のとおりです。

    1. 朝9:00~夕方17:00まで、看護職員1人当たりの受け持ち数は4人です。
    2. 夕方17:00~朝9:00まで、看護職員1人当たりの受け持ち数は20人です。
  • 入院時食事療養(I)

    入院時食事療養(I)の届け出を行っており、管理栄養士または栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供してます。

  • 診療録管理体制加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 薬剤管理指導科
  • 病棟薬剤業務実施加算
  • 在宅時医学総合管理科
  • CT撮影及びMRI撮影(64列以上のマルチスライスCT)
  • ペースメーカー移植術、ペースメーカー交換術
  • 療養環境加算
  • 運動器リハビリテーション料(III)
  • 呼吸器リハビリテーション料(II)
  • 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
  • 透析液水質確保加算
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 救急搬送患者地域連携紹介加算
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • 急性期看護補助体制加算
  • がん治療連携指導料
  • データー提出加算2
  • 感染防止対策加算2
  • 処置の休日加算1、時間外加算1及び深夜加算1
  • 手術の休日加算1、時間外加算1及び深夜加算1
  • 胃瘻増設時嚥下機能評価加算
  • 植込型心電図記録計移植術・摘出術
  • 植込型心電図検査
  • 救急医療管理加算
  • 胃瘻増設術(内視鏡下胃瘻造設術・腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
  • 麻酔管理料 Ⅰ
  • 医療機器安全管理料Ⅰ
  • 医師事務作業補助体制加算
  • 看護職員夜間配置加算
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 夜間看護体制加算
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
  • 心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
指定 保険医療機関  救急指定
労災指定

医療安全管理委員会のご案内

最近、新聞やニュースでご周知のように各医療施設において医療事故が相次いで発生しており、再発防止に向けた医療機関の積極的な対策が待たれています。

毅峰会・吉田病院におきましても、地域住民に対し安心できる良質な医療を提供できるようにと医療安全管理委員会の設置をし、定期的に各部署の責任者が集まり委員会を開催しております。

医療事故を未然に防止するには医療従事者個人の資質、技能水準の向上はもちろんですが組織としてこの問題に取り組んでいく事が重要です。
医療安全管理体制に関する院内基準・指針を作成し、職員全員に向けて危機管理の啓発に努めていきたいと考えております。
現在、どんな些細なミスでもヒヤリ・ハット報告書にて職員に提出してもらい、委員会にて報告・検討・対策を協議しております。
そして、重大な事故が発生した場合は速やかに緊急会議を開催し対処致しております。

全従業員、病院のさらなる改善にむけて努力しておりますが、いたらない点がございましたらメールでご指摘いただければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

メールでのお問い合わせ

行動計画

社員の働き方を見直し、特に女性社員の継続就業者が増えるよう、妊娠・出産・復職時における支援に取り組むため、次のように行動計画を策定する。

計画期間 平成29年2月17日~平成32年2月16日までの3年間
内容
  1. 目標1
    始業・就業時刻の繰上げ又は繰下げの制度
  2. 目標2
    年次有給休暇の取得のための措置の実施
  3. 目標3
    子どもが保護者である労働者の働いているところを実際に見ることができる 「子ども参観日」の実施