診療科目一覧|外来の患者さまへ

施設紹介

外観 エントランス 総合受付 入院個室 入院特別室 ナースステーション オペ室 体外衝撃波結石破砕装置室 リハビリ室

医療機器紹介

  • グリーンライトレーザー(PVP)
    グリーンライトレーザー(PVP)

    グリーンライトレーザー(PVP)を用い、短時間で、出血の少ないグリーンライトレーザー(PVP)治療ができる機器です。これまで前立腺肥大症の場合、電気メスで腺腫を切除する手術が採用されてきました。この方法は、出血量も多く術後3日間は尿道カテーテルを入れ、1週間程度の入院が必要など、患者さんにとって負担の大きいものでしたが、グリーンライトレーザー(PVP)は、術後の痛みや出血が少ないだけでなく、高い治療効果を得ることができます。


  • 腹腔鏡
    腹腔鏡

    内視鏡外科手術とは、お腹の中へ内視鏡を入れ、その内視鏡で病変部をTVモニターで見ながら行う手術のことです。開腹手術の様にお腹を大きく切る必要が無く、傷口(3~10mm程度)も小さいため、入院期間が短縮できたり早期社会復帰などの様々なメリットがあります。当院では、胆のう摘出術、虫垂切除術、大腸癌の手術を腹腔鏡で施行しております。


  • 体外衝撃波結石破砕装置 ESWL 体外衝撃波結石破砕装置 ESWL
    体外衝撃波結石破砕装置 ESWL

    体外で発生させた衝撃波を集束させて、これを腎や尿管の結石につたえ結石を砂状に破砕する治療法です。そして砂状になった結石は、尿の流れとともに自然に排出されます。わが国でもすでに多くの方々がこの治療を受けており、その安全性は広く確認されています。


  • TUL(経尿道的尿管結石砕石装置) TUL(経尿道的尿管結石砕石装置)
    TUL(経尿道的尿管結石砕石装置)

    尿路結石の場所によっては上記のESWLの適応にならない場合、またESWLを施行しても砕石できない場合もあります。その時は、直接、尿管結石を鏡視下に観察しながら砕石するTUL(経尿道的尿管結石砕石装置)がります。


  • ウロフロメーター ポータフロー
    ウロフロメーター ポータフロー

    前立腺肥大症など、排尿障害のある患者様の排尿状態を、左記の男性用トイレの形をした検査機器に実際に排尿して頂き、グラフとして表示できる装置です。


  • TVR
    TVR

    前立腺肥大症、膀胱癌を経尿道的に切除を行う、内視鏡治療機器です。


  • 上部消化管スコープ
    上部消化管スコープ

    胃がん、ポリープ、胃潰瘍、十二指腸潰瘍等を調べます。


  • 大腸ファイバー
    大腸ファイバー

    大腸癌、ポリープや出血原因の検査をします。検診のため全結腸検査(パンエンドスコピィ)を実施します。


  • 血圧脈派検査装置 BP-203RPEII formPWV/ABI
    血圧脈派検査装置 BP-203RPEII formPWV/ABI

    下肢の動脈の狭窄にはABI値、動脈壁効果にはPWV値の測定が非侵襲的な検査として用いられています。 ABI検査 動脈硬化による下肢の血管の狭窄が進んでいることが分かる検査です。 PWV検査 足首までの脳波の伝播速度です。この値が大きいほど血管壁が硬くなっていることが分かります。


  • X線TV・血管造影
    X線TV・血管造影

    X線TV(テレビ)とはX線を人体に照射しリアルタイムで画像を見ながら検査を行う装置で様々な種類の検査に利用されます。バリウムを使用しての胃や大腸の検査、造影剤を使用して泌尿器科や整形外科の検査など様々な検査・治療に用いられます。また、カテーテルによる血管の造影検査や治療も行います。


  • 血管撮影システム
    血管撮影システム(島津製)

    血管内治療を目的とした装置で造影剤を使用した血管の検査やカテーテルによる治療を行います。 患者様を動かすことなく様々な方向から血管の観察及び治療を行えます。 また平面検出器を搭載しているため被ばく線量を抑えることができます。


  • 血管内焼灼用高周波治療機器
    血管内焼灼用高周波治療機器

    高周波エネルギーを使用した一次性下肢静脈瘤(CVI)の治療用デバイスです。

    • ■傷口はカテーテルを挿入するための小さな開口部のみです。
    • ■静脈焼灼時はエネルギーが一定に制御されます。
    • ■加熱部により標的とする血管を7cmずつ焼灼します。
    • ■加熱部の温度と出力を継続的にモニタリングし、最適なアブレーションを行います。
    • ■下肢静脈瘤の治療として欧米で多く実施されている治療法の一つです。

  • X線CT
    X線CT(80列)

    X線CT(ComputedTomography:コンピュータ断層撮影)とは、X線を利用して人体の輪切り像を得る検査です。 コンピュータを用いた特殊な画像処理を行うことで体内のより細かな情報を得ることが可能です。 血管や病変をより鮮明に映し出す造影剤というお薬を使用することで、病気を早い段階で見つけたり病気の性質を調べたりすることが可能です。 また、骨や血管などを3D(三次元)表示することも可能です。


関連施設

訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

ご自宅での療養生活を安心して過ごしていただけるよう、地域との連携を大切にし「支える人も支える」をモットーに、心のこもった看護をご提供いたします。

詳細はこちら

透析医療センター

透析医療センター

当地域での腎臓機能に障害のある患者様に対しての中核病院として、安全で確実性のある患者様と心の隔たりのない医療をご提供いたします。

詳細はこちら

看護部

看護部

患者様が満足していただける看護を、永遠のテーマとして、相手の立場に立って考えられる姿勢を大切に、思いやり、頼りがいのある看護を提供できる事を第一に、病院全体で取り組んでいます。

詳細はこちら

吉田クリニック

吉田クリニック

専門知識と経験豊かなスタッフがきめ細かいサービスと「安心・安全・快適」な透析医療を提供いたします。
「患者さんの笑顔を第一に笑顔があふれる優しい透析施設」をモットーにスタッフ一丸となって、あなたのイキイキ人生のお手伝いをさせていただきます。

初めての方でも、安心してご来院ください。

詳細はこちら

寝屋池田長寿の里

寝屋池田長寿の里

「寝屋池田長寿の里」は全館29床、
全て個室となっており、耐震性・美観・断熱・防音にも優れた設備に加え、
先進のセキュリティーと非常用発電設備で、
利用者様の安心・安全な生活をお守りいたします。

詳細はこちら

院内保育所

院内保育所

院内保育所 院内保育所