診療科目一覧|外来の患者さまへ

受付・診療時間について

  • 午前診療:月曜日~土曜日/ 9:30 ~ 12:00
  • 夜診療 :月曜日~金曜日/ 18:00 ~ 20:00

休診日

  • 日曜日
  • 祝日

  • 循環器内科のご案内
  • 部長のあいさつ
  • 循環器内科と関係する症状
  • 心臓CT・心臓超音波検査など
  • 施設認定
  • 地元新聞・情報誌掲載記事
  • ドクターカー
  • 経皮的冠動脈形成術
  • カテーテルアブレーション
  • ペースメーカー植込み術
  • 経皮的大動脈弁形成術
  • 経皮的中隔心筋焼灼術
  • 末梢血管インターベンション
  • 診療実績

循環器内科のご案内

循環器内科から皆様へ

心臓や血管という、生命に直結する臓器を守る『循環器内科』 毅峰会吉田病院では、『より迅速に』『より的確に』『より安心できる治療と環境を提供する』ために循環器内科として、多様な心臓、全身の血管の診断と治療を行っております。心臓や全身の血管の病気でお困りの際や、胸が痛む、苦しい、息切れがする等の症状がある場合は是非お越しください。 外来時間外でも24時間循環器内科医が常駐しておりますので、救急の際はご連絡頂ければいつでも診察させて頂きます。

診療時間/担当医

循環器内科
午前診療 川口 川口 木戸
坂根
木戸
野木
木戸
野村
木戸(第2・第4)
川口(第1・第3・第5)
野木
夜診療 河野(啓) 野村 山内 澁谷 野村 -

部長のあいさつ

木戸部長
医療法人毅峰会 吉田病院
循環器内科 部長
木戸淳道

京都府立医科大学医学部卒業
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・施設代表医
ACLSプロバイダー
身体障害福祉法指定医 心臓機能障害


患者様へ

心臓には様々な病気があります。胸の痛み、息苦しさ、むくみ、脈が不規則、足の色が冬になると紫色になって痛い、これらの症状があるときは心臓、血管の病気であることがあります。24時間体制で心臓救急を行っておりますので、ご安心し通院していただけます。カテーテル検査、治療については私自身が全国でもトップクラスの症例数を誇る病院で勤務していた経験もあり、ご心配は不要です。特に高血圧、高コレステロール、糖尿病、心臓病の家系、喫煙歴のある方は心臓を定期的にチェックする必要がありますので、どのようなささいなことでもご相談ください。

ご紹介いただく先生方へ

循環器救急はホットラインを設け文字通り24時間対応しております。特に狭心症、不整脈のカテーテル治療については、他施設では困難または不可能とされる症例でも当院では対応可能なこともあります。また冠動脈CTは当日に結果説明までさせていただいております。狭心症、心不全、閉塞性動脈硬化症、不整脈の診断、治療のほか、心エコー、冠動脈CT撮影依頼など何でもお気軽にご依頼ください。枚方市民、寝屋川市民、交野市民、大阪府民の方々ために循環器内科をより一層充実させる所存ですので、何卒患者様のご紹介を宜しくお願い申し上げます。

循環器内科と関係する病気の症状

胸が痛む・胸が苦しい

胸の真ん中からみぞおちにかけて、圧迫感や痛みを感ずるなどの症状があるときに は、心筋へ酸素を送る血管が詰まりかけているのかもしれません。冷や汗を伴って強い症状が長く続く場合は「急性心筋梗塞」の可能性があります。重いものを持っ て歩いたり、階段を上ったりしたときに症状が出るときは「狭心症」を考えます。当 院では詰まりかけた血管を再開通させる「カテーテル治療」の専門医が在籍しており、良好な成績を上げています。

息が苦しい・息切れがする

坂道や会談ですぐに息切れがする、夜中に息が苦しくなる、などの症状は「心不全」 が原因かもしれません。「心不全」は心臓から十分に血液が送り出せなくなっている 状態ですので、心臓を楽にしてあげる治療が必要です。「心不全」はさまざまな心臓の病気が原因でおこりますので、その原因を突き止めて、最善の治療を選択することが必要です。

ドキドキする

動悸には、時々“どきん”とするものと急に脈が速くなって“ドキドキ”するものに 分けられます。どきん”とするタイプは「期外収縮」という不整脈の可能性が高いと 考えられます。「期外収縮」は治療の必要がない場合が多いのですが、ご心配の場合 にはご相談ください
急にひどい動悸を感ずるときは、脈が速くなる「発作性頻拍症」の可能性がありま す。「発作性頻拍症」は心筋の中を通る電気信号の伝わり方の異常が原因です。「発 作性頻拍症」にも数種類があり、タイプによって治療方法が異なりますので、医師と ご相談ください。「発作性頻拍症」に対しては、「薬物治療」のほかに「カテーテル アブレーション」と呼ばれる、カテーテルを用いて異常な電気の通り道を遮断する治 療、が行われています。当院ではこれらの治療も行っていますのでご相談ください。

ふらっとする・失神する

めまいや失神は心臓の不整脈が原因のことがあります。心筋を収縮させるための電気 信号を出す部分の異常や、電気信号の通り道が途切れたりすることにより、“脈が極 端に遅くなる”ことが原因です。これらの不整脈には必要に応じて「永久ペースメー カー留置手術」が行われます。当院ではこれらの治療も行っていますのでご相談ください。


当院における心臓CT・心臓超音波検査・運動負荷試験の運用の特徴

当院では心臓CT、心臓超音波検査、運動負荷試験に関しまして、患者様の待ち時間を極力減らすために当日の検査終了後1~2時間お待ち頂ければ結果説明までさせて頂いております。尚、予約なしでも当日の受診が可能です。

心臓CT

心臓CT

心臓CT
心臓CT

マルチスライスCTは、数秒のうちに人体の多数の断層画像データを得られるため、動いている臓器でも鮮明な断層画像が撮れるようになりました。動いている代表的な臓器が心臓です。 心臓カテーテル検査では、患者様に少なからぬ侵襲と肉体的負担を与えてしまいますが、患者様に優しい低侵襲の冠動脈検査を実現したのがマルチスライスCTで、治療方針を立てるのに不可欠な情報がすみやかに得られます。心臓カテーテル検査と同じように造影剤を用いるものの、手の静脈から点滴投与するだけで、動脈にカテーテルを挿入するわけではないので、検査に伴う動脈の損傷や出血、血栓などの合併症の危険はほとんどありません。検査後の特別な止血や安静なども不要となり、その日のうちに帰宅できます。 マルチスライスCTは心臓の冠動脈の検査にもっとも威力を発揮しますが、大動脈や腹部、頭頸部、下肢など全身の血管の検査にも役立ちます。費用も心臓カテーテル検査よりも安いので、狭心症のスクリーニングの診断目的であれば、マルチスライスCTを推奨します。


心臓超音波検査

心臓超音波検査

心臓超音波検査は、心エコーと呼ばれることもあります。機械から超音波と呼ばれる高い周波数の音を出し、その反射で臓器の形や質を見る検査方法です。さらにこの心臓超音波検査では、心臓の中を動く血液の流れも見ることができます。レントゲン撮影と異なり被曝することがないため、繰り返し検査しても体への悪影響がない安心な検査方法です。


心臓超音波検査

心臓超音波検査の目的は2つあります。1つは心臓の形態を見るものです。心臓のそれぞれの部位(心房・心室)の大きさや壁の厚さ、弁の形などを見ます。2つ目は心臓の働きを見るものです。心臓は全身へ血液を送り出し、全身からかえってきた血液を受け取ります。また別に肺に血液を送り、酸素をいっぱい含んだ血液を受け取ります。この心臓のポンプ機能が不十分となるのが「心不全」になります。


心臓超音波検査でわかる病気

心筋梗塞

心臓の壁の動きを見ます。心筋梗塞を起こした部位は他の部位と比べて動きが悪くなっています。また、心筋梗 塞を発症してから時間がたつと、 壁が薄くなるといった変化を確認することもあります。

弁膜症

心臓には4つの部屋があり、それぞれに血液が逆流しないようにするための弁がついています。この弁がうまく動かないのが弁膜症と呼ばれる病気です。この弁膜症には血液が逆流するものと、弁が開きにくくなる狭窄があります。弁膜症の方には、カラードップラー法と呼ばれる検査方法で血液の向きを確認、また血流の速度を測定することで、軽度から重度といった弁膜症の程度を評価することができます。

心不全

心臓のポンプ機能が落ちている状態です。血液を送り出せない部分に血液が溜まるため、心臓の大きさが大きくなります。今日ではポンプ機能は低下していないものの、心臓の拡張する力が低下する「拡張不全」も心不全に数えられます。こちらもその程度を知ることができます。

心筋症

心筋症にはいくつか種類があります。そのなかで代表的なものは、肥大型心筋症と拡張型心筋症です。肥大型は心臓の壁が分厚くなり、場所によってはそのことで血流が妨げられます。拡張型は心臓の筋肉の力が低下してポンプ機能も低下し、それを補うために心臓が大きく変化するもので、徐々に進行しやすい病気です。また心臓の筋肉が厚くなる原因で一番多いものは高血圧によるものです。こちらも計測して知ることができます。

先天性心疾患

生まれつき心臓に形態異常がある場合も、超音波検査でわかります。代表的なものは心房中隔欠損症や心室中隔 欠損症といった、心臓の中を分けている壁に穴が開いている病気です。この場合は通常見られない血流の流れが超音波で見られます。


運動負荷試験(エルゴメーター)

運動負荷試験

自転車エルゴメーター負荷試験とは、あらかじめ心電図や血圧計を装着したうえで運動を行う負荷試験です。自転車エルゴメーターは床に固定した自転車をこぎます。危険がない範囲で出来るだけ多くの負荷を加えるように負荷量を定めます。また負荷中も脈拍、呼吸、血圧、心電図などがモニターされていますので、安全性も診断精度も運動負荷試験の中では優れていると言えます。
検査の目的としては、狭心症の診断、冠動脈疾患の重症度および予後の判定、抗狭心症薬の効果判定、心疾患患者の運動耐容能と重症度の評価、心疾患患者のリハビリテーション、不整脈の診断と評価、高血圧の重症度および予後評価などが挙げられます。


施設認定

当院循環器内科は、循環器専門医研修関連施設、日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設、浅大腿動脈ステントグラフト実施施設に認定されています。

  • 循環器専門医研修関連施設

  • 日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設

  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施施設


地元新聞・情報誌掲載記事

マイライフ掲載記事

ぱど掲載記事

カテーテルによる全身の血管内治療

ドクターカー

  地域の患者様により充実した病院前救護を提供するため、循環器内科によるドクター カーの運用をしております。院外心肺停止、急性心筋梗塞、急性心不全などの救急疾患に対し、可能な限り早期に治療介入を行い、救命率の向上を図りたいと考えていま す。また、上記のような循環器疾患に関しては、ドクターカーによる施設間搬送も積極的に行っております。要請があれば、当院の医師がドクターカーに同乗し、各医療 機関へ患者様を迎えに行きますのでお気軽にご連絡ください。

24時間体制のモービルCCUも完備

経皮的冠動脈形成術(PCI)

心臓に血液を送る血管「冠動脈」が完全に詰まる「心筋梗塞」や、冠動脈が細くなる「狭心症」。前者は直ちに治療しなければ命にかかわる重大な病気ですし、後者も適切な検査と治療が必要不可欠なリスクの高い循環器疾患です。 これらの循環器疾患は、カテーテルという細い管を手首や足の付け根の動脈から挿入し、閉塞・狭窄を起こした冠動脈を治療する 「心臓カテーテル治療(冠動脈インターベンション)」によって治療を行います。
当院での心臓カテーテル治療・検査は、基本的に手首からの治療方法を第一選択としているため身体的負担が軽微で済み、入院期間の短縮が期待できるほか、穿刺部(カテーテルの入口となった場所)の痛みの軽減や、術後早期のトイレ歩行が可能といったメリットがあります。ただし、動脈硬化の影響などで腕の血管が細く、脆くなっている方に対しては、安全性を考慮して足の付け根の太い血管から カテーテルを挿入して治療を行いますので、治療の際は主治医と良くご相談下さい。

経皮的冠動脈形成術

困難な症例の治療例

慢性完全閉塞病変(Chronic Total Occlusion)
慢性完全閉塞病変とは冠動脈が動脈硬化により3ヶ月以上(慢性)完全に閉塞している病変を指します。脂質に富むプラークの破綻をきっかけに血栓で閉塞する急性心筋梗塞症とは異なり、動脈硬化の進行によりゆっくりと閉塞していきます。そのため、急性心筋梗塞症の様な激しい胸痛は無く、症状では一般的な狭心症の様な症状であったり心不全で発症し、心不全治療後のカテーテル検査で見つかる場合もあります。長期に渡り閉塞した血管はガイドワイヤーやバルーン、ステントの通過が非常に困難となっており、治療が難しくなっています。
慢性完全閉塞病変に対しても積極的な治療を行っており、他施設では困難または不可能とされる症例でも当院では対応可能なこともあります。治療成績に関しましては最近1年間における当院の治療成功率は90%以上を維持しております。

当院の慢性完全閉塞治療成績(期間 2016.4~2017.3)
慢性完全閉塞病変 65症例(患者様数55人)
手技成功 59症例(成功率90.7%
不成功 6症例
〈 不成功理由 〉
ガイドワイヤー不通過 5症例(内1例はRetryで成功)
ガイドワイヤーは通過もステントが不通過 1症例

  • 治療前

  • 逆行性アプローチ

  • 治療後

DCA(方向性冠動脈粥腫切除術)

ステントという異物を入れずに狭窄部をカッターで削り取り体外に取り出すことができるDCA(方向性冠動脈粥腫切除術)という治療法です。DCAカテーテルは、バルーンカテーテルの上に電動式カッターが増設されていて、カッターを適切な方向に向け、血管狭窄部位を削り取ることができます。その削りかすは、バルーンの先端に装着されたノーズコーンというゴミ箱に回収できる仕組みになっています。
この治療法が良いのは異物を体内に残さないため、血をサラサラにするお薬を術後に飲み続けなくてもいいところです。手術を控えている方、金属アレルギーの方(ステントは金属製)や若年者、特に女性(妊娠や生理で出血しやすいため)には最適の治療法といえます。

  • ①カテーテルを狭窄部に挿入

  • ②バルーンを拡張しウィンドウにアテロームを押し付ける

  • ③カッターを回転させてアテロームを切除する。またカテーテルを回転させ他の部位の切除を行う

  • 治療前

  • DCAカテーテル治療

  • 治療後

カテーテルアブレーション

カテーテルアブレーションは、カテーテルという管を心臓内に入れて、不整脈の原因となっている部分に通電を加えて焼灼する治療法で、 医学の進歩、医師の技術や医療機器の進歩に伴い適応が急速に拡大しています。
カテーテルアブレーション後には内服薬を中止したり、減量できる可能性が高く、薬の内服を続けるよりも根治性が望める場合も多いです。
対象となる不整脈疾患は、 主に発作性上室性頻拍、心房粗動、心房頻拍、心室頻拍、心房細動です。 心房性期外収縮、心室性期外収縮も、頻度や患者様の希望に応じて行っています。
ご自分がどういった種類の不整脈なのか、かかりつけの先生に確認いただくか、当院を受診してご相談ください。
心房細動は高齢化とともに急速に増加している不整脈で、自覚症状として脈の乱れ、動悸、胸部不快があります。
放置すると心臓内に血栓ができて、脳梗塞などの血栓症の原因となります。
最近では心房細動もカテーテルアブレーションで治療可能となっています。
高齢の方でも症状の強い場合は治療を行います。
カテーテル治療をしないで心房細動のまま経過を見ていくこともありますが、その場合は血栓症予防が最も大切となります。

ペースメーカー植込み術

脈が遅くなる不整脈では、一時的に脳への血液が不足し、めまい、生あくび、ふらつき、失神などの症状が出現します。このように心臓のリズム(心拍数、脈拍数)がゆっくりになってしまう不整脈に対して、ペースメーカが用いられます。専門的な病名でいえば、完全房室(かんぜんぼうしつ)ブロックや洞不全症候群(とうふぜんしょうこうぐん)といわれている病気です。これらの不整脈も、通常は正常な脈を示し、発作時のみ脈のみだれを生じることがあり、1-2回の短時間の心電図検査にて発見されないことも多々あります。発作時の心電図、24時間心電図、運動負荷心電図等の検査で、不整脈を正しく診断する必要があります。
これらの病気の多くは単独で、心臓の筋肉や心臓の弁には異常がないのにリズムだけがきわめてゆっくりしている(脈が少ない)、という症状で現れます。心臓ペースメーカーは脈が少なくなった時に、電気的刺激を心臓に与え、心臓の鼓動を維持する機械です。
当院ではより安全に行うため胸郭外穿刺を多用しております。

経皮的大動脈弁形成術(PTAV)

心臓は血液を全身に送るポンプの働きをしていますが、内部は4つの部屋に分かれています。各部屋を逆流しないよう、部屋と部屋の間には弁と呼ばれる扉がついており、心臓には4つの弁があります。このうち、全身に血液を送るポンプの役割をしている左心室と、大動脈の間に ある弁を大動脈弁と呼びます。大動脈弁膜症(大動脈弁狭窄症・大動脈弁閉鎖不全症)はこの弁の働き不十分になることで起こる症状です。
大動脈弁狭窄症に対する治療方として外科的な大動脈弁置換術がありますが、近年では胸を開けずにカテーテルを用いて大動脈弁を留置することができる低侵襲な治療法として、経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)が2013年より日本でも保険適応となりました。このTAVIの登場により、経皮的大動脈弁形成術(PTAV)の有用性も拡大しており、例えば状態が悪く(低左心機能、コントロールされていないうっ血性心不全、感染、認知症が大動脈弁狭窄症によるものかどうか不明な場合など)、このままTAVIを行いにくい患者様に対してブリッジとしてPTAVを先行させるなどの治療戦略があり、現代の重症大動脈弁狭窄症の患者様にとって重要な治療オプションとなりうると考えられてます。当院では大動脈弁膜症の患者様の初期治療としてPTAVを予定の症例、緊急的に必要な場合でも行っております。

経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)

肥大型心筋症は、心臓の筋肉を作るたんぱく質の遺伝的な異常が原因でおこる心筋疾患です。
一般に左心室全体の心筋の肥大が進行し、特に心臓の右心室と左心室を隔てる壁「心室中隔」の心筋が厚くなり左心室に突出します。左心室へのせり出しが小さい場合は、自覚症状はありませんが、大動脈の近くまで広がった場合は、血液の通り道が狭められ(狭窄)、収縮時の負担が大きくなり、呼吸困難、胸痛、全身倦怠感が起きたりします。場合に依っては、不整脈が原因での突然死の危険性もはらんでいます。
これを防ぐため、肥大した中隔の心筋の肥大を縮め、血液の流れを良くするために行う治療が、経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)です。

末梢血管インターベンション(EVT)

当院では心臓カテーテル治療以外にも全身の血管を治療しています。

経皮的末梢血管形成術(PPI)

  下肢の動脈が動脈硬化により狭くなると、初期の症状としては足先の冷えなどを感じます。
中期は間欠性跛行(かんけつせいはこう)とよばれ、ある程度の距離を歩くと筋肉(腰、おしり、太もも、ふくらはぎ)のだるさや痛みが強くなって歩けなくなります。
※間欠性跛行には下肢閉塞性動脈硬化症に代表される血管性の間欠性跛行と、整形外科的な疾患(脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア)で起こる神経性の間欠性跛行がありますので、鑑別が必要です
後期では重症虚血肢とよばれ、夜眠るのも困難なほどの激しい痛みを感じるようになったり、ちょっとした足先の傷(靴擦れ、どこかにぶつけた、深爪、低温熱傷など)をきっかけに指先に潰瘍ができたり、さらには進行すると壊疽(えそ、指がまっ黒くなる)になって、いくら塗り薬を塗っても治らなくなります。
そのまま適切な治療を行わず放置すると、足が壊死し、切断しなければならない事態になる可能性もあります。

  • 治療前

  • バルーン拡張

  • 治療後

経皮的腎動脈形成術(PTRA)

腎臓の動脈が動脈硬化により狭くなると、腎臓の血流が減少しさまざまな障害が生じます。
腎血管性高血圧は降圧剤でコントロールできない高血圧を引き起こすことがあります。
腎機能低下は腎臓は血液中の老廃物を除去する臓器ですが、この機能が低下します。放っていると慢性腎不全になり、人工透析が必要な状態になってしまいます。

  • 治療前

  • 治療後

鎖骨下動脈形成術

血液を送り出すポンプとしての役割を持つ心臓から大動脈が出現し頭頸部、上肢、体内の臓器、下肢へと血管が分岐して血液が供給されていきます。心臓から出た直後の大動脈から頭頸部、上肢への血管として頸動脈、鎖骨下動脈があります。鎖骨下動脈は、脳にとって非常に重要な椎骨動脈(頭蓋内に入って左右の椎骨動脈が合わさり脳底動脈となる:脳幹部を栄養する血管)という血管を出した後、上肢の血管となっていきます。この鎖骨下動脈に狭窄を来したために症状が出現した病態が鎖骨下動脈狭窄症です。
椎骨動脈が分岐する手前で狭窄が生じますと、盗血現症(脳に行くはずの血液が盗られて行かなくなる)が生じて、目眩や失神発作が起こることがあり(ほとんどは一過性ですが脳幹部の血液供給不足が起こる可能性があります)、上肢の疲労感やしびれ感、冷感が生じます。椎骨動脈の分岐した後に狭窄を生じますと、上肢のみの症状が生じます。動脈硬化が進み、狭窄の程度が強くなっていきますと、上記の症状の頻度が増加し、日常生活に影響を与えることとなっていきます。

  • 治療前

  • ステント留置

  • 治療後

診療実績

当院の循環器内科は少数精鋭で運営している為、医師一人あたりの症例数が他施設より多く、経験豊富な医師による治療を受けることができます。

2016.4~2017.3 2017.4~2018.3
心臓カテーテル治療(PCI) 429例(内緊急97例) 473例(内緊急114例)
経皮的末梢血管形成術(PPI) 24例 26例
経皮的腎動脈形成術(PTRA) 4例 5例
経皮的大動脈形成術(PTAV) 3例 7例
経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA) 2例 2例
鎖骨下動脈形成術 1例 2例
カテーテルアブレーション 27例 34例
ペースメーカー植込み術 27例 21例
心臓CT 613例 637例
心臓超音波検査 1579例 1887例
エルゴメーター 39例 71例
心筋生検 8例 8例

心臓CT