診療科目一覧|外来の患者さまへ

  • グリーンライトレーザー(PVP)
    グリーンライトレーザー(PVP)

    グリーンライトレーザー(PVP)を用い、短時間で、出血の少ないグリーンライトレーザー(PVP)治療ができる機器です。これまで前立腺肥大症の場合、電気メスで腺腫を切除する手術が採用されてきました。この方法は、出血量も多く術後3日間は尿道カテーテルを入れ、1週間程度の入院が必要など、患者さんにとって負担の大きいものでしたが、グリーンライトレーザー(PVP)は、術後の痛みや出血が少ないだけでなく、高い治療効果を得ることができます。


トイレが近い 夜中に何度もトイレに行きたくなる
もしかすると「前立腺肥大症」かもしれません。

トイレが近い(頻尿)、トイレに行ったのにスッキリしない(残尿感がある)、夜中に何度もトイレに行きたくなる等といった症状でお悩みではありませんか?このような状態は『前立腺肥大症』の可能性があります。当院では診断から治療まで専門的に診察を行っている泌尿器科を開設しております。不安・疑問をお持ちの方は、お気軽に当院へご相談下さい。


前立腺肥大症とは…

  • 55歳以上の5人に1人が悩む病気

    前立腺肥大症に悩む人の数は、年齢を重ねるごとに増えていきます。統計によると、55 歳以上の男性のうち2割…つまり、5人に1人に前立腺肥大症の症状があるとのことです。

  • 前立腺がんではないことを、確認することが大切

    場合によっては、治療せずに経過観察でよい病気ではありますが、前立腺がんと症状が似ているので、「前立腺がんではないこと」を知るためにも、症状が気になりだしたら、早めに受診するようにしましょう。

症状のイメージ図

主な症状

前立腺肥大症とは、肥大した前立腺が、尿道を圧迫することで生じる排尿障害(尿の切れが悪い、出にくい、頻尿)です。具体的な症状は、大きく分けて次の7つです。

更に動脈硬化が進行すると、じっとしてても足が痛い状態になり、強い鎮痛薬でも効かない程になります。最終段階まで進行すると、潰瘍や壊死に至った重度の症状となり下半身だけではなく生命にも及ぶ危険な状態になります。一般に脳梗塞や心筋梗塞は重篤な疾患として知られていますが、「末梢動脈疾患」では大腸癌より予後が悪い( 死亡率が高い) との報告もあります。

残尿感 排尿後、まだ尿が残っている感じがする
頻尿 2時間に2回以上トイレに行くなど、トイレが近い
尿意切迫感 急に尿意をもよおし、もれそうで我慢できない
尿線途絶 尿が途中で途切れてしまう
尿勢低下 尿の勢いが弱い
腹圧排尿 おなかに力を入れないと尿が出ない
夜間頻尿 夜中に何度もトイレに起きる

治療する方法

「前立腺肥大症」の治療方法として、以下があります。

① 保存的治療

手術を行わず、ライフスタイルの改善とお薬により治療を行う方法

  • 生活習慣の改善

    生活指導、経過観察、健康食品などがあります。水分を摂りすぎない、コーヒーやアルコールを飲みすぎない、刺激性食物の制限、便通の調節、適度な運動、長時間の座位や下半身の冷えを避ける等、症状を緩和させ改善していきます。

    生活習慣の改善

  • 薬物療法

    前立腺の肥大には男性ホルモンが関与しております。この男性ホルモンの前立腺に対する作用を抑えることにより、前立腺は縮小し症状が緩和していきます。

    薬物療法

② 手術を行う方法

手術を行い、早く症状の改善を行う方法。

  • グリーンライトレーザー(PVP)治療

    当院では、最新の治療レーザーであるグリーンライトレーザー(PVP)を用い、短時間で、出血の少ない手術ができる治療法です。これまで前立腺肥大症の場合、電気メスで腺腫を切除する手術が採用されてきました。この方法は、出血量も多く術後3日間は尿道カテーテルを入れ、1 週間程度の入院が必要など、患者さんにとって負担の大きいものでしたが、グリーンライトレーザー(PVP)は、術後の痛みや出血が少ないだけでなく、高い治療効果を得ることができる治療法です。

    1. 特徴①術後の痛みが
      ほとんどない

    2. 特徴②術後の
      回復が早い

    3. 特徴③カテーテルが
      短期間で抜ける

    4. 特徴④男性機能にほとんど影響しない

    グリーンライトレーザー(PVP)

    内視鏡を用いて尿道から小さな光ファイバーを通し、高出力レーザーを照射して前立腺組織を蒸散させることで尿路の閉塞を取り除く治療法です。従来の電気メスを用いた経尿道的前立腺切除術と同等の効果が得られ、術後の血尿やむくみによる影響が少ないのも特徴です。また術後の尿道バルーンの留置期間が短く、入院期間も短くなります。

    処置イメージ